きびす

【意味】 きびすとは、主に西日本で言う、かかと。履物の、かかとにあたる部分。くびす。

【きびすの語源・由来】

上代には「くひびす」「くびひす」と呼ばれ、「くびす」「きひびす」などの形に変化し、中古以降に「きびす」にも変化した。
その後、「くびす」が基本の形として用いられ、「きびす」が日常語として使われていたが、近世以降には、上方で「きびす」が基本的な形となり、西日本の方言となった。
全国的には、「きびすを返す」「きびすを接する」などの慣用句の中で用いられている。
語源となる「くひびす(くびひす)」の「くひ(くび)」は、くるぶしから先の部分や足をいう「くはびら」の「くは」、「びす(ひす)」は「節(ふし)」など関節を表す語系からといった説が有力とされる。
その他、足首の下や足首の尻といった意味から「首下(くびし)」が転じたとする説や、足首のする場所の意味から「くびす」となり、「きびす」になったとする説もある。
地方によっては「くるぶし」をさすこともあり、「足首」の「首」が語源とも考えられるが、「くひ」の音や「ひす(びす)」が考慮されていない点で疑問が残る。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス