【意味】 木とは、地上部の茎が木質化している植物。樹木。

【木の語源・由来】

語源は以下のとおり諸説あり未詳。
「イキ(生)」の上略とする説。
生えるものを意味する「キ・ク(生)」のことで、「毛」などと同源とする説。
素戔鳴尊(すきのおのみこと)の投げた毛が木になったという伝説から、「毛(け)」が転じたとする説。
一本生えているものを「立木(たちき)」、何本も生えているものを「木立(こだち)」と言うように「立つ」と共用することや、草に対してキッと立っているなど、突っ立ていることが原義であったとする説。
その他多くの説があるが、上記あたりが妥当と考えられる。

【関連語】

アケビ・木通・通草(あけび) アジサイ・紫陽花(あじさい) 板(いた)
イチイ・一位(いちい) イチョウ・銀杏・公孫樹 ウコギ・五加木(うこぎ)
ウリノキ・瓜の木(うりのき) ウルシ・漆(うるし) エゴノキ
枝(えだ) 雄蕊(おしべ) オトギリソウ・弟切草
カエデ・楓(かえで) カキ・柿(かき) 萼(がく)
カツラ・桂(かつら) カバノキ・樺の木(かばのき) 株(かぶ)
紙(かみ) 木から落ちた猿 木で鼻を括る
木に縁りて魚を求む キョウチクトウ・夾竹桃 木を見て森を見ず
茎(くき) 草(くさ) クスノキ・樟・楠(くすのき)
果物(くだもの) クマツヅラ・熊葛(くまつづら) クリスマスツリー
クルミ・胡桃(くるみ) クロウメモドキ・黒梅擬 クワ・桑(くわ)
毛(け) コケ・苔(こけ) 梢・杪(こずえ)
ザクロ・石榴・柘榴(ざくろ) 莢(さや) 猿も木から落ちる
シソ・紫蘇(しそ) シナノキ・科の木(しなのき) 茂る・繁る(しげる)
ジンチョウゲ・沈丁花 スイカズラ・忍冬(すいかずら) スギ・杉・椙(すぎ)
スズカケノキ・篠懸の木 炭・墨(すみ) センリョウ・千両(せんりょう)
ソテツ・蘇鉄(そてつ) 立つ(たつ) 種(たね)
ツツジ・躑躅(つつじ) ツバキ・椿(つばき) 蕾・莟(つぼみ)
蔓(つる) トウダイグサ・灯台草 刺・棘(とげ)
トチノキ・栃の木・橡の木 菜(な) 苗(なえ)
ニシキギ・錦木(にしきぎ) ニレ・楡(にれ) 根(ね)
ノボタン・野牡丹(のぼたん) 葉(は) 葉っぱ(はっぱ)
花・華(はな) 林(はやし) バラ・薔薇(ばら)
パンヤの木(ぱんやのき) ヒノキ・檜・桧(ひのき) ビャクダン・白檀(びゃくだん)
総・房(ふさ) フサザクラ・総桜(ふさざくら) フトモモ・蒲桃(ふともも)
ブナ・山毛欅(ぶな) 穂(ほ) ボタン・牡丹(ぼたん)
薪(まき) マタタビ・木天蓼(またたび) マツ・松(まつ)
マメ・豆(まめ) マンサク・万作(まんさく) 実(み)
ミカン・蜜柑(みかん) 幹(みき) ミズキ・水木(みずき)
蜜(みつ) ムクロジ・無患子(むくろじ) 芽(め)
メギ・目木(めぎ) 雌蕊(めしべ) モクセイ・木犀(もくせい)
モクレン・木蓮(もくれん) モチノキ・黐の木(もちのき) 森(もり)
ヤドリギ・宿木(やどりぎ) ヤナギ・柳・楊柳(やなぎ) 山(やま)
ヤマモモ・山桃(やまもも) リョウブ・令法(りょうぶ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス