牛耳る

【意味】 牛耳るとは、組織や団体などを自分の意のままに支配する。

【牛耳るの語源・由来】

中国の春秋戦国時代、諸侯が同盟を結ぶ際、盟主が牛の耳を裂き、皆がその血を吸って組織への忠誠を誓い合ったという『左氏伝(哀公十七年)』の故事に由来する。
この故事から、同盟の盟主となることを「牛耳を執る(ぎゅうじをとる)」というようになり、転じて、組織などを思いのままに動かす立場になることを表すようになった。
牛耳るは、この「牛耳を執る」の「牛耳」を動詞化させたものである。

【関連語】

主(あるじ) 一枚看板(いちまいかんばん) ウシ・牛(うし)
大御所(おおごしょ) 大立者(おおだてもの) 長(おさ)
親(おや) 親方(おやかた) 親玉(おやだま)
親分(おやぶん) 顔役(かおやく) 頭(かしら)
貫禄(かんろく) 口車(くちぐるま) 黒幕(くろまく)
裂く・割く(さく) 吸う(すう) 洗脳(せんのう)
大黒柱(だいこくばしら) 大臣(だいじん) 血(ち)
知事(ちじ) 亭主(ていしゅ) 手玉に取る(てだまにとる)
頭取(とうどり) 胴元(どうもと) 頭領(とうりょう)
棟梁(とうりょう) トリ ドン
ボス マインドコントロール 耳(みみ)
リーダー 領袖(りょうしゅう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス