求肥

【意味】 求肥とは、白玉粉を蒸し、砂糖と水飴を加えて練り固めた菓子。求肥飴。求肥糖。

【求肥の語源・由来】

昔の求肥はもち米の玄米で作られていたため浅黒く、牛の皮をなめしたように柔らかいことからの名で、「牛皮」や「牛肥」と書かれた。
日本では仏教思想によって獣食を嫌ったことから、これらの字を忌み嫌い、「求肥」と表記するようになった。
求肥は平安時代に唐から伝わったもので、中国では「牛脾」と書き、祭祀に用いられた

【関連語】

安倍川餅(あべかわもち) 飴(あめ) あんころ餅(あんころもち)
餡蜜(あんみつ) 外郎(ういろう) 鶯餅(うぐいすもち)
ウシ・牛(うし) 粳(うるち) おやつ
菓子(かし) 皮・革(かわ) 寒天(かんてん)
吉備団子・黍団子(きびだんご) 玄米(げんまい) 米(こめ)
砂糖(さとう) 素甘(すあま) 大福(だいふく)
団子(だんご) 心太(ところてん) 鞣革(なめしがわ)
練る・錬る・煉る(ねる) 鼈甲飴(べっこうあめ) 饅頭(まんじゅう)
水(みず) 蜜豆(みつまめ) 蒸す(むす)
餅(もち) 八ツ橋(やつはし) 柚餅子(ゆべし)
羊羹(ようかん) 蕨餅(わらびもち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス