行水

【意味】 行水とは、たらいに湯や水を入れて体を洗い流すこと。また、その湯や水。水浴び。

【行水の語源・由来】

「鉢から手を離して」を意味する古代インド言語のパーリー語を漢訳する際、「手自斟酌。食訖行水。(自ら手に水を汲み、食事の後に終えて手を洗うこと)」と訳され、「行水」の字が当てられた。
ここから、潔斎のために清水で体を洗い清める行の意味で用いられていた。
たらいに湯や水を入れ、体を洗う意味で用いるようになったのは中世以降である。

【関連語】

垢(あか) 汗(あせ) 洗う(あらう)
嗽(うがい) 烏の行水(からすのぎょうずい) 体(からだ)
清い(きよい) ご馳走・ごちそうさま サウナ
ジャグジー シャワー シャンプー
スパ 石鹸(せっけん) 銭湯(せんとう)
ソープ 盥(たらい) 蹲・蹲踞(つくばい)
手(て) 夏(なつ) バス(風呂)
鉢(はち) プール 風呂(ふろ)
水(みず) 湯(ゆ) 浴衣(ゆかた)

【関連リンク】

「行水」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス