漁夫の利

【意味】 漁夫の利とは、二者が争っている隙に、第三者が利益を横取りするたとえ。漁父の利。

【漁夫の利の語源・由来】

漁夫の利は、中国の戦国時代の史書『戦国策(燕策)』の故事に由来する。
趙の国が燕の国を攻撃しようとしている時、燕の蘇代が趙の恵文王に会い、次のような話をした。
「ハマグリが殻を開けて日向ぼっこをしていたところ、シギが飛んできてハマグリの肉を食べようとしたが、ハマグリは殻を閉じてシギの口ばしを挟んだ。両者が譲らない争いをしていたところに、たまたま通りかかった漁師が両者を難なく生け捕りにした。」
そして、いま趙と燕が争えば、このハマグリとシギのように秦が漁夫の利を得るだろうと説いたことにより、趙は燕を攻めることを中止した。

【関連語】

虻蜂取らず(あぶはちとらず) 虻も取らず蜂に刺される 争う(あらそう)
一石二鳥(いっせきにちょう) 鷸蚌の争い(いつぼうのあらそい) 海老で鯛を釣る
稼ぐ(かせぐ) 殻(から) 嘴(くちばし・はし)
犬兎の争い(けんとのあらそい) 諺(ことわざ) シギ・鴫・鷸(しぎ)
棚から牡丹餅(たなからぼたもち) 偶さか・適さか(たまさか) 偶々・適々(たまたま)
鳶に油揚げをさらわれる 肉(にく) 二兎を追う者は一兎をも得ず
濡れ手で粟(ぬれてであわ) ハマグリ・蛤(はまぐり) 日向ぼっこ(ひなたぼっこ)
坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ) 儲ける(もうける) 勿怪の幸い(もっけのさいわい)
利益(りえき)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス