ギロチン

【意味】 ギロチンとは、斧状の刃を落下させ、受刑者の首を切断する死刑執行具。断首台。断頭台。ギヨチン。

【ギロチンの語源・由来】

ギロチンは、フランス革命の頃、国民議会議員で医師でもあった『J. I. Guillotin(ジョゼフ・ギヨタン)』が、受刑者の苦痛を軽減させられるようにと提案したものである。 彼の名前から「Guillotine(ギヨチーヌ)」と呼ばれ、ドイツ語読みで「ギロチン」となった。
中には、ギヨタンを「考案者」と記すものもあるが「提案者」が正しく、ギロチンのような装置はそれ以前からあった。
フランスでは、1792年4月25日に死刑執行具として認められ、フランス革命後の恐怖政治で多くの者が処刑されたため、ギロチンは苦痛の軽減を目的としたものであったが、恐怖政治のシンボルとして恐れられた。
その後もフランスでは、死刑執行にギロチンが使用され、死刑制度が廃止される1981年9月まで使われていた。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 頭(あたま) 斧(おの)
革命(かくめい) 刀(かたな) 鎌(かま)
カンナ・鉋(かんな) 錐(きり) 切る・斬る・伐る(きる)
首・頸(くび) 怖い・恐い・強い(こわい) サーベル
政治(せいじ) 鏨(たがね) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) 剣(つるぎ) 出刃包丁(でばぼうちょう)
テロ ドス ナイフ
薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた) 鈍ら刀(なまくらがたな)
ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ) 刃(は)
ハサミ・鋏(はさみ) 包丁(ほうちょう) 矛・鉾(ほこ)
鉞(まさかり) メス(小刀) 銛(もり)
刃(やいば) やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
槍・鑓・鎗(やり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス