疑心暗鬼

【意味】 疑心暗鬼とは、疑いの心があると、何でもないものまで恐れたり、怪しく見えること。

【疑心暗鬼の語源・由来】

疑心暗鬼の「疑心」は仏教から出た言葉で、「六根本煩悩」のひとつとされ、仏教の真理に対して疑いの心を持つことを意味した。
「暗鬼」は暗闇の中に鬼を見る意味で、疑心暗鬼は暗闇というだけで疑い、鬼がいるかのように見えると喩えたものである。
古代中国の思想書『列子』の中で、ある男が鉞(まさかり)を失くした話の注釈に、疑心暗鬼を用いた喩えが見られる。
その話とは、ある男が鉞を失くし、隣の息子を怪しいと思うようになり、息子の言動全てが疑わしく感じるようになった。
ところが、ある日、近くの谷底で失くした鉞を発見し、自分が置き忘れたことに気づいたため、それ以降、隣の息子の言動を怪しく思うことは無くなったというものである。
この話に対し、「これが疑心、暗鬼を生ずというものだ」と喩えられ、この「疑心暗鬼を生ず」が略され、四字熟語「疑心暗鬼」となった。

【関連語】

怪しい・妖しい(あやしい) 安心立命(あんじんりゅうみょう) 如何わしい(いかがわしい)
訝しい(いぶかしい) 胡散臭い(うさんくさい) 疑う(うたがう)
胡乱(うろん) 鬼(おに) 疑獄(ぎごく)
きな臭い(きなくさい) 杞憂(きゆう) 暗い(くらい)
毛嫌い(けぎらい) 小首を傾げる(こくびをかしげる) 心(こころ)
心配(しんぱい) 洗脳(せんのう) トラウマ
取り越し苦労(とりこしぐろう) 濡れ衣(ぬれぎぬ) 腑に落ちない(ふにおちない)
マインドコントロール 鉞(まさかり) 眉唾(まゆつば)
闇(やみ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス