ぎこちない

【意味】 ぎこちないとは、動作や言葉が滑らかでなく、不自然である。着物などが体に合わなくて、具合が悪い。

【ぎこちないの語源・由来】

ぎこちないは、近世以降に見られる「無作法だ」という意味の「ぎこつなし(ぎごつなし・ぎごつなし)」が変化した語。
「ぎこつなし」は、中古以降に見られる「無作法」の意味の「こちなし」と、漢語の「気骨」が合わさったといわれるが不明。
「こちなし」は、「骨」の呉音「コチ」に形容詞を作る接尾語「ナシ」が付いた語で、「(ゴツゴツしていて)骨のようだ」という意味から「無作法」の意味になったと思われる。
「こちなし」の語源を踏まえた場合、「ぎこちない」の語源は「こちなし」と「気骨」が合体した語ではなく、「キ(牙)」と「コチ(骨)」に形容詞を作る接尾語「ナシ」で、「牙(歯)や骨のようで柔軟さがない」といった意味からと考えられる。

【関連語】

覚束ない(おぼつかない) 及び腰(およびごし) 堅い・固い・硬い(かたい)
堅苦しい(かたくるしい) ぎくしゃく 牙(きば)
強張る(こわばる) しどろもどろ ダサい
たどたどしい ちぐはぐ 拙い(つたない)
滑らか(なめらか) 歯(は) ぶきっちょ
無骨・武骨(ぶこつ) 無様・不様(ぶざま) 下手(へた)
へっぴり腰(へっぴりごし) へっぽこ へな猪口(へなちょこ)
へぼ・へぼい へま 骨(ほね)
不味い・拙い(まずい) 野暮(やぼ) ろれつが回らない
態とらしい(わざとらしい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス