キャラメル・カラメル

【意味】 キャラメルとは、水飴・砂糖・牛乳・バター・香料などを煮つめ、冷やし固めた飴菓子。
カラメルとは、糖類を熱して作る黒褐色の物質。菓子や料理の風味づけ・着色に用いる。

【キャラメル・カラメルの語源・由来】

キャラメルはフランス語に由来する英語「caramel」からで、同語をフランス語読みしたのが「カラメル」である。
フランス語「caramel」の語源には、以下のとおり二説ある。
ひつとつは、アレクサンダー大王の軍のネアルコス将軍が遠征でサトウキビを発見し、蜜蜂のいらない蜜のとれる葦(アシ)があると報告した。
そのサトウキビを「mel(蜜)」の「canna(葦)」で「canna mella」と呼び、これが中世ラテン語で「cannamella」、フランス語で「canne à miel」となり、「caramel」になったとする説。
もう一説は、ラテン語の「calamus(葦)」に小さいことを示す語尾がついた「calamellus(小さい葦)」が、砂糖を焼いて褐色にしたものやサトウキビを指すポルトガル語・スペイン語「caramelo(カラメロ)」となり、フランス語で「caramel」になったとする説。
ポルトガル語の「caramelo」は、1700年代には日本へ入ってきており、「カルメラ」「カルメイル」「カルメーラ」と呼ばれる南蛮菓子があったことから、後者がキャラメルの語源の定説となっているが、確かなことはわかっていない。
日本で初めてキャラメルが作られたのは、1899年(明治32年)に森永西洋菓子製造所(現在の森永製菓)によるものといわれる。

【関連語】

アシ・葦・蘆・葭(あし) 飴(あめ) おやつ
菓子(かし) ガトー ガム
カルメラ キャンディー グミ
金平糖(こんぺいとう) 砂糖(さとう) サトウキビ・砂糖黍(さとうきび)
シュガー ソース 駄菓子(だがし)
タフィー・タッフィー 千歳飴(ちとせあめ) チョコレート
ドロップ 南蛮(なんばん) ヌガー
バター ババロア プリン
鼈甲飴(べっこうあめ) ボンボン マシュマロ
水(みず) 蜜(みつ) ミルク
ヨーグルト 落雁(らくがん) ロリポップ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス