キャンディー

【意味】 キャンディーとは、砂糖を主材料にした洋風の飴菓子。ドロップ・キャラメル・ボンボン・ヌガー・タフィーなどの総称。キャンデー。

【キャンディーの語源・由来】

キャンディーは、英語「candy」からの外来語。
英語の「candy」は、サンスクリット語で「砕く」を意味する「khand」、「破片」を意味する「khanda」に由来する。
「khanda」から、砕いて破片にした砂糖を「khandakah」と言うようになった。
そこから、アラビア語で「砂糖」を「kand」、「砂糖でつけた」を「kandi」と言うようになり、「氷砂糖」は「sukkar kandi」と呼ばれるようになった。
「sukkar」は「砂糖」を表す語で、「sukkar kandi」を直訳すると「砂糖でつけた砂糖」という意味になる。
「sukkar kandi」がフランス語に入って「sucre candi(シュークル・カンディ)」となり、英語で「sugar candy(シュガー・キャンディー)」となった。
「sugar candy」は、元々の意味である「氷砂糖」を表したが、「candy」の語が独立して「砂糖菓子」を表すようになった。
その後、フランスでも「candi(カンディ)」が独立し、同意で用いるようになっている。
キャンディーの語源には、ラテン語で「砂糖」を表す「can」と、「型に流し入れて固める」意味の「di」からといった説もあるが、どこからそのような説が湧いてきたのか不明。
また、アラビア語で「砂糖」を意味する「qand(i)」をキャンディーの語源とする説もあるが、「qandi」は「kand」と同源で、サンスクリット語に由来する。

【関連語】

甘い(あまい) 飴(あめ) 餡(あん)
おやつ 菓子(かし) ガトー
ガム カルメラ キャラメル・カラメル
砕く(くだく) グミ ケーキ
氷(こおり) 金平糖(こんぺいとう) 砂糖(さとう)
シュガー 駄菓子(だがし) タフィー・タッフィー
千歳飴(ちとせあめ) チョコレート ドロップ
ヌガー 鼈甲飴(べっこうあめ) ホワイトデー
ボンボン マシュマロ 蜜(みつ)
落雁(らくがん) ロリポップ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス