キャベツ

【意味】 キャベツとは、アブラナ科の一年または二年草。ヨーロッパ原産。葉は厚くて幅広く、重なって球状となる。

【キャベツの語源・由来】

英語「cabbage(キャビッジ)」に由来する。
英語の「cabbage」は、「頭」を意味するラテン語「caput(カプート)」が、フランスのピカール方言に入って「caboche」となり、英語に入って「cabache」へと変化し、現在の「cabbage」になった。
「頭」から「キャベツ」をさす語に変化したのは、英語に入った時のようである。
日本へは、江戸時代にオランダから伝えられ、観賞用とされていた。
当時伝えられたものは、現在のような結球型ではなく、「葉牡丹(ハボタン)」や「甘藍(カンラン)」と呼ばれた。
江戸末期に結球型のものが輸入され、「玉菜(タマナ)」とも呼ばれるようになり、明治初期には食用のキャベツが栽培され始めた。
英語の「cabbage(結球型のキャベツ)」が入ってからは、「葉牡丹」「甘藍」「玉菜」のほか、「ケベーチ」や「カベージ」など様々な表記がされ、1886年に「キャベツ捲」、1901年の「キャベツ菜」を経て、1907年頃(明治40年頃)に「キャベツ」で定着した。

【関連語】

頭(あたま) アブラナ・油菜(あぶらな) アラセイトウ・紫羅欄花
イヌガラシ・犬芥子(いぬがらし) カブ・蕪(かぶ) カラシ・芥子・辛子(からし)
カリフラワー クレソン ケール
コールスロー コマツナ・小松菜(こまつな) サラダ
スズシロ・蘿蔔・清白(すずしろ) スズナ・菘(すずな) ダイコン・大根(だいこん)
玉・球・弾・珠(たま) チシャ・萵苣(ちしゃ) チンゲン菜・青梗菜
菜(な) ナズナ・薺(なずな) ノザワナ・野沢菜(のざわな)
葉(は) ハクサイ・白菜(はくさい) ハボタン・葉牡丹(はぼたん)
ブロッコリー ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ) ミズナ・水菜(みずな)
ラディッシュ レタス ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス