けやき

【意味】 けやきとは、ニレ科の落葉高木。山地に生え、防風林や庭木、並木・盆栽にもする。ツキ。

【けやきの語源・由来】

けやきの材が堅く、木目が美しい貴重な木である。
「けや」は「際立って目立つ」「美しい」といった意味の「けやけし」に由来し、「けやけき木」の略と考えられている。
上代には「つき(槻)」と呼ばれていたが、これは「つよき(強木)」の略といわれる。
なお、漢字の「欅」は、中国ではクルミ科の落葉高木を指し、日本のけやきとは全く異なる植物である。

【関連語】

アキニレ・秋楡(あきにれ) 美しい(うつくしい) エノキ・榎・朴(えのき)
エルム オヒョウ 堅い・固い・硬い(かたい)
木・樹(き) クルミ・胡桃(くるみ) サキシマエノキ・先島榎
強い(つよい) ニレ・楡(にれ) ハルニレ・春楡(はるにれ)
ムクノキ・椋木・樸樹 紅葉(もみじ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス