血税

【意味】 血税とは、血のにじむような努力をして働き、納めた大切な税金。

【血税の語源・由来】

明治5年(1872年)の徴兵令『太政官布告』で、兵役義務を「血税」と称したことに由来する。
「血」は戦役で血を流す意味で、国民が負わなければならない兵役の義務をいったものだが、血を絞り採られるものと誤解され、血税反対一揆まで起こったといわれる。
現代では、徴兵制度がなくなったことで本来の意味も忘れられ、血税の「血」は「国民の労力」といった意味で使われるようになった。

【関連語】

赤字(あかじ) 上前を撥ねる(うわまえをはねる) 掠り・擦り(かすり)
稼ぐ(かせぐ) カンパ 国(くに)
経済(けいざい) ショバ代(しょばだい) 税金(ぜいきん)
政治(せいじ) 大切(たいせつ) 血(ち)
働く(はたらく) 払う(はらう) ピンはね
マニフェスト マルサ みかじめ料(みかじめりょう)
貢ぐ(みつぐ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス