ケチャップ

【意味】 ケチャップとは、トマト・マッシュルーム・クルミなどを煮て裏ごししたものに、調味料・香辛料を加えて煮詰めたソース。

【ケチャップの語源・由来】

東南アジアを中心に、これと似た発音で呼ばれる醤油やソースが多いため、諸説あるが正確な語源は解っていない。
その中でも、中国語で塩漬けにした魚の汁「コエチアプ」がマレーに伝わり、「kechop(ケチョプ)」と呼ばれるようになり、イギリスに伝わって「ケチャップ」になったとする説が有力である。
イギリスでは「マッシュルーム・ケチャップ」が作られるようになり、アメリカに渡って「トマト・ケチャップ」が作られるようになった。
日本では、カゴメ株式会社の創始者蟹江一太郎が、国産初のトマト・ピューレの製造に成功し、「トマト・ケチャップ」が発売されるようになった。
そのため、アメリカや日本ではトマト、イギリスではマッシュルームが一般的となった。

【関連語】

塩梅・按排・按配(あんばい) 魚(さかな) 酒(さけ)
砂糖(さとう) 塩(しお) 醤油(しょうゆ)
酢(す) ソース タバスコ
トウガラシ・唐辛子(とうがらし) トマト ポン酢(ぽんず)
マヨネーズ 味噌(みそ) 味醂(みりん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス