けれんみ

【意味】 けれんみとは、はったりを利かせたり、ごまかしたりすること。ケレン味。

【けれんみの語源・由来】

けれんみの「けれん」は、江戸末期、歌舞伎で宙乗りや早替りなど大掛かりで奇抜な演出をいった演劇用語から一般に広まった。
それ以前は、他流の節で語ることをいった義太夫節の用語で、「正統でない」「邪道だ」の意味を含む言葉であったことまでは解っているが、語源は未詳である。
「けれんみ」が用いられるようになったのは近代以後のことで、「けれんみのない文章」というように「ない」を伴ない用いることが多い。
なお、漢字の「外連」は当て字である。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス