犬兎の争い

【意味】 犬兎の争いとは、両者が争って共に弱り、第三者に利益を横取りされることのたとえ。

【犬兎の争いの語源・由来】

出典は『戦国策(斉策)』の寓話。
とても足の早い犬が、すばしっこいウサギを追いかけまわした。
山を何度も駆け登ったため、犬もウサギも力尽きて倒れた。
そこに通りかかった農夫は何の苦労もせず、獲物を独り占めすることができた。
この寓話から、共に争い共に倒れ、第三者に利益を奪われることを「犬兎の争い」というようになった。

【関連語】

虻蜂取らず(あぶはちとらず) 虻も取らず蜂に刺される 争う(あらそう)
一石二鳥(いっせきにちょう) 鷸蚌の争い(いつぼうのあらそい) イヌ・犬・狗(いぬ)
ウサギ・兎(うさぎ) 奪う(うばう) 海老で鯛を釣る
漁夫の利(ぎょふのり) 諺(ことわざ) 棚から牡丹餅(たなからぼたもち)
鳶に油揚げをさらわれる 二兎を追う者は一兎をも得ず 濡れ手で粟(ぬれてであわ)
坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ) 勿怪の幸い(もっけのさいわい) 利益(りえき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス