けんもほろろ

【意味】 けんもほろろとは、人の頼みや相談などを無愛想に断るさま。取り付く島もないさま。

【けんもほろろの語源・由来】

けんもほろろの「けん」は、「けんどん(慳貪)」の「けん」や、「けんつく(剣突)」の「けん」にキジの鳴き声の「けん」を掛けたものと言われるが、つっけんどんなさまを「けんけんと」と言っていたことから、「けんけんと」とキジの鳴き声「けんけん(ケーンケーン)」を掛けたと考える方が妥当であろう。
けんもほろろの「ほろろ」は、キジが羽ばたくときの羽音と考えられており、これを語呂よく「けん」に付けて「けんもほろろ」となった。
けんもほろろの「ほろろ」をキジの鳴き声とする説もあるが、「けんけん」と無愛想に鳴きながら「ほろほろ」と羽音を立てて飛び去るさまと考えた方が、言葉の意味に近いと思われる。
また、キジの鳴き声を「ほろろ(ほろほろ)」と表現するのは、羽音を「ほろほろ」と表現したことから転じたもので、元々擬声語はでない。

【関連語】

愛嬌(あいきょう) 愛想(あいそ・あいそう) あしらう
意地悪(いじわる) 居丈高(いたけだか) 威張る(いばる)
偉い(えらい) 横柄(おうへい) 驕る(おごる)
音(おと) 嵩にかかる(かさにかかる) 角が立つ(かどがたつ)
キジ・雉・雉子(きじ) 木で鼻を括る 切り口上(きりこうじょう)
剣突(けんつく) 慳貪(けんどん) 傲岸(ごうがん)
高慢(こうまん) 声(こえ) 断る(ことわる)
素気無い(すげない) 素っ気無い(そっけない) 袖にする(そでにする)
高飛車(たかびしゃ) 突っ慳貪(つっけんどん) 冷たい(つめたい)
つれない つんけん 刺刺しい(とげとげしい)
飛ぶ・跳ぶ(とぶ) 取り付く島もない 泣く・鳴く・啼く(なく)
生意気(なまいき) 膠も無い(にべもない) 羽・羽根・翅(はね)
冷ややか(ひややか) ぶっきら棒(ぶっきらぼう) 朴念仁(ぼくねんじん)
水臭い(みずくさい) 身も蓋もない(みもふたもない)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス