けんちん汁

【意味】 けんちん汁とは、崩した豆腐と千切りにした大根・ゴボウ・芋などの野菜を油で炒めたものを入れたすまし汁。けんちゃん汁。ケンチン汁。

【けんちん汁の語源・由来】

けんちん汁は、中国の普茶料理が日本化したもので、漢字では「巻繊汁」と書き、「繊」を「ちん」と読むのは唐音。
漢字からも解る通り、「巻繊」は繊切りにした材料を巻いたもののことで、大根やゴボウ、豆腐などを細切りにして油で炒め、湯葉や薄焼き卵で巻いて、揚げたり蒸したりしたものを意味する。
日本では中身だけを取り入れた料理も、「けんちん」といった。
けんちん汁の語源には、鎌倉の建長寺の開山であった蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が、崩れてしまった豆腐を野菜と煮込んで作った汁物に由来するといった説もある。
この汁物が、「建長寺」の名から「建長寺汁」「建長汁」と呼ばれるようになり、訛って「けんちん汁」になったというものである。
しかし、この説では中国読みが混じって訛化したとされるが、「汁」だけ訛らなかった理由や、あえて「建長」よりも難しい「巻繊」の字が当てられた理由など不明な点が多く、有力とは考えられていない。

【関連語】

赤出し(あかだし) 集め汁(あつめじる) 羹(あつもの)
油・脂・膏(あぶら) いちご煮(いちごに) お汁粉(おしるこ)
御御御付け(おみおつけ) ガスパッチョ がん汁(がんじる)
巾着汁(きんちゃくじる) 金平(きんぴら) クッパ
クラムチャウダー 鯉濃(こいこく) 呉汁(ごじる)
ゴボウ・牛蒡(ごぼう) コンソメ サムゲタン
三平汁(さんぺいじる) シチュー じゃっぱ汁(じゃっぱじる)
汁(しる) 水団(すいとん) スープ
澄まし汁(すましじる) 千切り・繊切り(せんぎり) 善哉(ぜんざい)
船場汁(せんばじる) せんべい汁(せんべいじる) 千六本(せんろっぽん)
雑煮(ぞうに) ダイコン・大根(だいこん) 出汁(だし)
卵・玉子(たまご) チーズフォンデュ 茶節(ちゃぶし)
豆腐(とうふ) トムヤムクン どんがら汁(どんがらじる)
根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる) ヴィシソワーズ
ビスク 引っ摘み汁(ひっつみじる) ブイヤベース
普茶料理(ふちゃりょうり) ポタージュ ポトフ
ボルシチ ミネストローネ 湯葉(ゆば)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス