蛍雪の功

【意味】 蛍雪の功とは、苦労して勉学に励んだ成果。

【蛍雪の功の語源・由来】

蛍雪の功の「蛍雪」は苦労して勉学に励むことを意味し、「功」は成し遂げた仕事や功績を意味するが、「蛍雪」が苦労して勉学に励む意味となった由来は、晋の時代の歴史を記した中国の史書『晋書(車胤伝)』にある以下の故事による。
中国の晋の時代に、「車胤(しゃいん)」と「孫康(そんこう)」という二人の青年がいた。
二人は官吏を志望していたが、夜に本を読むための灯火の油を買うこともできないほど、共に家が貧しかった。
そこで車胤は、夏の夜に蛍を数十匹つかまえて絹の袋に入れ、蛍の光で本を読んで勉強し、孫康は冬の夜に窓辺に雪を積み上げて、雪の明かりで勉強し続けた。
二人の努力は報われて、のちに高級官吏に出世した。
この故事にある「蛍」と「雪」から、「蛍雪」という言葉が生まれた。
この故事に由来する四字熟語や慣用句には、「蛍雪の功」以外にも、「蛍窓(けいそう)」「蛍窓雪案(けいそうせつあん)」「雪案蛍窓(せつあんけいそう)」「雪窓蛍机(せきそうけいき)」「車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)」「孫康映雪(そんこうえいせつ)」などがある。
卒業式によく歌われ、パチンコ屋などの閉店の音楽として使われる「蛍の光(螢の光)」の歌詞にある「蛍の光 窓の雪」は、この故事に基づくものである。

【関連語】

明かり・明るい 齷齪(あくせく) 一夜漬け(いちやづけ)
一生懸命(いっしょうけんめい) 歌・唄・詩(うた) お浚い(おさらい)
教える(おしえる) 温故知新(おんこちしん) 我武者羅(がむしゃら)
ガリ勉(がりべん) 頑張る(がんばる) 驥尾に付す(きびにふす)
教科書(きょうかしょ) 稽古(けいこ) コーチ
しゃかりき 塾(じゅく) 出世(しゅっせ)
スクール 切磋琢磨(せっさたくま) 先生(せんせい)
大器晩成(たいきばんせい) 付け焼刃(つけやきば) 寺子屋(てらこや)
泥縄(どろなわ) 習う(ならう) 励む(はげむ)
パチンコ 只管(ひたすら) 光(ひかり)
勉強(べんきょう) ホタル・蛍(ほたる) 本(ほん)
貧しい(まずしい) 学ぶ(まなぶ) 胸突き八丁(むなつきはっちょう)
雪(ゆき) 夜(よる) ローマは一日にして成らず

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス