稽古

【意味】 稽古とは、芸能・武術・技術などを習うこと。また、練習。

【稽古の語源・由来】

「稽」は「考える」という意味で、漢語「稽古」の原義は「古(いにしえ)を考える」「昔のことを調べ、今なすべきことは何かを正しく知る」である。
そこから、「古い書物などを読んで学ぶ」といった意味が派生し、学問する意味で用いられるようになった。
日本では中世以降、芸能や武術を学んだり習うことにも「稽古」が用いられ、学問以外の意味で使われることが多くなった。

【関連語】

古(いにしえ) インストラクター インフォプレナー
お浚い(おさらい) 教える(おしえる) 覚える(おぼえる)
温故知新(おんこちしん) カルチャー 考える(かんがえる)
驥尾に付す(きびにふす) 教科書(きょうかしょ) 蛍雪の功(けいせつのこう)
コーチ 仕付け・躾(しつけ) 塾(じゅく)
スクール スパルタ教育(きょういく) 切磋琢磨(せっさたくま)
先生(せんせい) 付け焼刃(つけやきば) 寺子屋(てらこや)
習う(ならう) 勉強(べんきょう) 学ぶ(まなぶ)
昔(むかし) メンター

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス