謦咳に接する

【意味】 謦咳に接するとは、尊敬する人に直接お目にかかる。また、その人の話を直接聞く。謦咳に触れる。

【謦咳に接するの語源・由来】

「咳」も「咳」も「せき」を意味し、「謦咳」は咳払いのこと。
間近で咳払いを聞けるだけで幸せであるという意味から、尊敬する人と直接会ったり、話を聞くことを敬っていう言葉となった。
出典は『荘子』除無鬼篇とされるが、「謦咳でもすれば、なおさら嬉しいことだろう」という表現で、「謦咳に接する」の意味と直接結び付くものではない。
漢語の例は上記以外になく、日本で例が見えるのも明治以降である。

【関連語】

合う・会う・逢う・遭う(あう) 仰ぐ(あおぐ) 崇める(あがめる)
アポイント 一目置く(いちもくおく) インタビュー
伺う・窺う(うかがう) 敬う(うやまう) 謁見(えっけん)
落ち合う(おちあう) 御目通り(おめどおり) 御目文字(おめもじ)
搗ち合う(かちあう) 聞く・聴く(きく) コンタクト
咳き(しわぶき) 咳(せき) 尊ぶ・貴ぶ(たっとぶ・とうとぶ)
朝見(ちょうけん) 出会す(でくわす) 拝謁(はいえつ)
拝眉(はいび) 鉢合わせ(はちあわせ) 話(はなし)
リスペクト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス