けが

【意味】 けがとは、不注意などのため、からだに傷を負うこと。また、その傷。負傷。

【けがの語源・由来】

漢字で「怪我」と書くのは当て字。
「怪我の功名」や「慣れないことに手を出して怪我をする」など、「思わぬ過ち」や「過失」、「思いがけない災難」などの意味で「けが」は用いられる。
これらの表現は「負傷」の意味から喩えたものではなく、本来、「過ち」などの意味に用いた言葉で、そこから不注意のため体に傷つけることや、その傷の意味で使われるようになったのである。
語源は未詳であるが、「けがる・けがれる(穢る・穢れる)」の語幹からと考えられる。

【関連語】

皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ) 汗疹(あせも)
アトピー 痘痕(あばた) 過ち(あやまち)
アレルギー 痛い(いたい) 疣(いぼ)
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) おじゃん
御出来(おでき) 体(からだ) 皮・革(かわ)
傷(きず) ギプス 薬(くすり)
怪我の功名(けがのこうみょう) 汚れる・穢れる(けがれる) 転ける・倒ける(こける)
瘤(こぶ) 痔(じ・ぢ) しくじる
霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん)
雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ) 爛れる(ただれる)
脱臼(だっきゅう) 田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ)
血(ち) 躓く(つまずく) ドジ
とちる ニキビ・面皰(にきび) 捻挫(ねんざ)
麻疹(はしか) 肌・膚(はだ) 贅(ふすべ)
砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ) 肉刺(まめ)
水虫(みずむし) 面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん)
物貰い(ものもらい) 火傷(やけど) 病(やまい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「傷」と「怪我」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
怪我(けが)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
怪我のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス