けちをつける

【意味】 けちをつけるとは、難癖をつける。嫌がらせで縁起の悪いことを言う。

【けちをつけるの語源・由来】

「けち」は不吉な出来事を意味する「怪事(けじ)」が音変化したもので、「あやしき事」の意味である。
その「けち」に「つく」で、「縁起の悪いことが起こる」といった意味になり、「悪評などで物事がうまく進まない」などの意味になった。
囲碁用語で対局の終盤で、決まらない目を詰め寄せる意味の「けち(結・闕)」を語源とする説もあるが、囲碁用語は「けちをさす」と用いられ、「つく」「つける」といった表現はされない。
また、ここで言う「けち」は、難癖をつける意味以前に、縁起の悪いことを表す語として用いられていたため、囲碁用語の説は考え難い。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス