ケチ

【意味】 ケチとは、金品を惜しがって出さないこと。卑しいこと。また、その人。

【ケチの語源・由来】

ケチは、「けちをつける」「けちがつく」の語源と同じく、不吉なことを意味する「怪事(けじ)」が訛って「ケチ」になった。
江戸時代以降、ケチは「粗末で貧弱なさま」「いやしい」などの意味を持つようになり、現在の意味に転じていった。

【関連語】

阿漕(あこぎ) 浅ましい(あさましい) 意地汚い(いじきたない)
卑しい・賎しい(いやしい) 大盤振る舞い(おおばんぶるまい) 奢る(おごる)
惜しい(おしい) お手盛り(おてもり) 金(かね)
金に糸目をつけない がめつい 我利我利亡者(がりがりもうじゃ)
勘定高い(かんじょうだかい) 黒字(くろじ) けちをつける
倹約(けんやく) さもしい 質素(しっそ)
しみったれ 守銭奴(しゅせんど) ショウガ・生姜(しょうが)
吝い(しわい) 贅沢(ぜいたく) 贅を尽くす(ぜいをつくす)
せこい 世知辛い(せちがらい) ちょろまかす
虎の子(とらのこ) 貪婪(どんらん) 成金(なりきん)
太っ腹(ふとっぱら) びた一文(びたいちもん) 臍繰り(へそくり)
ぼったくり ぼる 勿体無い(もったいない)
吝か(やぶさか) リッチ 吝嗇(りんしょく)
壟断(ろうだん) 割り勘(わりかん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

けちの類語・同義語 - 類語同義語辞典
ケチ(けち)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス