下駄を預ける

【意味】 下駄を預けるとは、自分に関する物事の決定や責任の一切を相手に任せること。

【下駄を預けるの語源・由来】

他人に下駄を預けてしまうと、その場から自由に動けなくなる。
あとは、預かった人の心次第で、自分はじっとしているしかないところから生じた言葉。

【関連語】

預ける(あずける) あなた任せ(あなたまかせ) 一蓮托生(いちれんたくしょう)
下駄(げた) 匙を投げる(さじをなげる) 自由(じゆう)
嘱す(しょくす) 人事を尽くして天命を待つ 脛を齧る(すねをかじる)
責任(せきにん) 責任転嫁(せきにんてんか) 託す・托す(たくす)
頼む・恃む(たのむ) 頼る(たよる) 他力本願(たりきほんがん)
投げ遣り(なげやり) 任せる・委せる(まかせる) 委ねる(ゆだねる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス