下駄

【意味】 下駄とは、木製の板に三つの穴をあけて鼻緒をすげ、下面に歯をつけた履物。ゲタ。

【下駄の語源・由来】

下駄は中世末から見られる語で、それ以前は「足駄(あしだ)」又は「木履(ぼくり)」と呼ばれた。
近世以降、上方では区別なく「下駄」と呼んでいたが、江戸では歯の高いものを「足駄」、低いものを「下駄」と呼んでおり、下駄の「下」は「低い」の意味で、「駄」は「足駄」からの転用と考えられる。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 足駄(あしだ) 板(いた)
かんじき 木・樹(き) 靴・沓・履(くつ)
靴下(くつした) 下駄と焼き味噌 下駄も仏も同じ木のきれ
下駄を預ける(げたをあずける) 下駄を履かせる(げたをはかせる) 下駄も仏も同じ木のきれ
サンダル 地下足袋(じかたび) 下(した)
ズック スニーカー スリッパ
雪駄(せった) 草履(ぞうり) ソックス
足袋(たび) 歯(は) 履く・穿く(はく)
跣・裸足(はだし) 鼻緒(はなお) パンプス
低い(ひくい) ブーツ 木履(ぼくり・ぽっくり)
ミュール 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
下駄(げた)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
下駄のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス