玄翁

【意味】 玄翁とは、頭部の両端がとがっていない金槌。大工がのみを叩いたり、石工が石を割るときに用いる。

【玄翁の語源・由来】

「玄能」と書くのは当て字。
玄翁は、以下の『玉藻前(たまものまえ)伝説』に由来する。
白面金毛九尾の狐が美女に化け、玉藻前と名乗って鳥羽上皇の寵愛を受けていたが、陰陽師に正体を見破られて那須野(現在の栃木県那須郡周辺)で殺された。
しかし、玉藻前は「殺生石」という毒石と化し、近づく者の命を奪った。
そこに訪れた曹洞宗の玄翁和尚が、巨大な槌で殺生石を叩き割って破壊したことから、和尚の名にちなんで「玄翁」と呼ばれるようになった。

【関連語】

石(いし) 和尚(おしょう) 掛矢(かけや)
金槌・鉄鎚(かなづち) カンナ・鉋(かんな) キツネ・狐(きつね)
釘(くぎ) 小槌(こづち) 才槌(さいづち)
大工(だいく) 叩く・敲く(たたく) 槌・鎚・椎(つち)
鉄(てつ) 道具(どうぐ) 毒(どく)
トンカチ 鈍器(どんき) ノミ・鑿(のみ)
ハンマー ビシャン マレット
割る(わる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス