玄関

【意味】 玄関とは、建物・住居の主要となる出入り口。

【玄関の語源・由来】

元は中国『老子』の「玄の又玄なる衆の妙なる門」による語で、日本では鎌倉時代に禅宗で用いられた仏教語。
「玄」は奥が深い悟りの境地を意味し、「関」は入り口のことで、玄関は玄妙な道に入る関門、つまり奥深い仏道への入り口を意味した。
そこから、玄関は禅寺の方丈への入り口を意味し、寺の門などもさすようになった。
玄関が住居の入り口の意味として用いられたのは、江戸時代以降のことである。

【関連語】

アパート 家(いえ) 縁側(えんがわ)
エントランス 奥(おく) 踊り場(おどりば)
鍵・鉤(かぎ) 勝手口(かってぐち) 座敷(ざしき)
敷居(しきい) 関(せき) 台所(だいどころ)
三和土(たたき) 寺(てら) 戸(と)
登竜門(とうりゅうもん) 床の間(とこのま) 扉(とびら)
土間(どま) 庭(にわ) 濡れ縁(ぬれえん)
暖簾(のれん) 襖(ふすま) 部屋(へや)
ポーチ(玄関) 仏(ほとけ) 窓(まど)
マンション 屋敷・邸(やしき) 廊下(ろうか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス