逆鱗に触れる

【意味】 逆鱗に触れるとは、天子の激しい怒りを受ける。目上の人を激しく怒らせる。

【逆鱗に触れるの語源・由来】

逆鱗に触れるの「逆鱗」とは、竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えたうろこのことで、出典は『韓非子(説難)』。
この鱗に触れると普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、天子の怒りを買うことを「逆鱗に触れる」と言うようになった。(天子を指すのは天子が竜にたとえられるため)
転じて、上司や先生など目上の人に逆らって激しい怒りを買う意味でも、「逆鱗に触れる」は用いられるようになった。

【関連語】

顎(あご) 怒る(いかる) 憤る(いきどおる)
忌々しい(いまいましい) イライラ 鱗(うろこ)
お冠(おかんむり) 怒る(おこる) 大人しい(おとなしい)
癇癪玉(かんしゃくだま) 癇に障る(かんにさわる) 冠を曲げる(かんむりをまげる)
機嫌(きげん) 剣幕(けんまく) 業腹(ごうはら)
業を煮やす(ごうをにやす) 小癪(こしゃく) 諺(ことわざ)
殺す(ころす) 逆さま(さかさま) 触る・障る(さわる)
叱る(しかる) 地団駄を踏む(じだんだをふむ) しっぺ返し(しっぺがえし)
癪に障る(しゃくにさわる) 癪の種(しゃくのたね) 癪の虫(しゃくのむし)
折檻(せっかん) 切歯扼腕(せっしやくわん) 先生(せんせい)
竜・龍(たつ) 旋毛を曲げる(つむじをまげる) 鶏冠に来る(とさかにくる)
激しい・烈しい(はげしい) 腹が立つ(はらがたつ) 触れる(ふれる)
臍を曲げる(へそをまげる) むかつく 向かっ腹(むかっぱら)
目くじらを立てる(めくじらをたてる) 八つ当たり(やつあたり) 竜・龍(りゅう)
柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス