数の子

【意味】 数の子とは、ニシンの卵を乾燥させたり、塩漬けにした食品。カズノコ。

【数の子の語源・由来】

数の子は、ニシンを別名(アイヌ語語源とも)「鰊(かど)」と言い、その子なので「かどのこ」と言った。
「かどのこ」の数の多さも影響し、「数の子」に転じたものと思われ、「数子」に「かどのこ」の読みが付けられた例もある。
正月などの祝儀膳に数の子が用いられるのは、子孫繁栄に結び付けられた室町時代後期頃で、江戸時代元禄期には庶民の間にも定着していたといわれる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス