かやくご飯

【意味】 かやくご飯とは、主に関西でいう、五目飯。加薬飯(かやくめし)。

【かやくご飯の語源・由来】

「かやく」は「火薬」ではなく「加薬」と書き、本来は漢方薬の効果を高めるために補助的な薬を加えることや、その薬をいう漢方の用語である。
その補助的な意味から、五目飯やうどんに入れる具(主材料を引き立たせる副材料)を言うようになり、五目飯を「かやくご飯」と呼ぶようになった。
食物に添え、料理の味を引き立たせる香辛料も「かやく」と言っていたが、現在では「薬味」と呼ぶことが多い。

【関連語】

味(あじ) アランチーニ 饂飩(うどん)
オートミール お粥(おかゆ) おこわ
おじや おにぎり おむすび
オムライス カレー 金平(きんぴら)
薬(くすり) クッパ 御飯(ごはん)
米(こめ) サムゲタン ジャンバラヤ
寿司・鮨・鮓(すし) 雑炊(ぞうすい) 雑煮(ぞうに)
炊く・焚く(たく) 粽(ちまき) チャーハン・炒飯
ドリア 七草粥(ななくさがゆ) パエリア
ハヤシライス ビーフストロガノフ ビビンバ
ピラフ 飯(めし) 薬味(やくみ)
ライス リゾット 料理(りょうり)
ロコモコ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス