カヤ

【意味】 カヤとは、イチイ科の常緑高木。山地に自生。庭木としても栽植する。材は堅く、建材・家具・碁盤・将棋盤・彫刻材にする。実は油をとるほか、食用にする。

【カヤの語源・由来】

カヤの葉には臭気があり、蚊を追い払うために用いられていた。
そのことから、「かやり(蚊遣り)」の「り」が脱落して、「カヤ」になったと考えられる。
漢字の「榧」は、呉音・漢音ともに「ヒ」と読み、「木+音符匪(ヒ)」からなる文字なので、この漢字には特に意味がない。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) アララギ・蘭(あららぎ) 囲碁(いご)
イチイ・一位(いちい) イヌガヤ・犬榧(いぬがや) オンコ
蚊(か) 木・樹(き) キャラボク・伽羅木
シャクノキ・笏の木 将棋(しょうぎ) 匂い・臭い(におい)
葉(は) 実(み)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス