為替

【意味】 為替とは、手形や小切手などで金銭を決済する方法。また、その手形などの総称。遠隔地に直接現金を送付する際のリスクを避けるために行われる。

【為替の語源・由来】

為替は、現金と手形を交替させることから、動詞「かわす(交わす)」の連用形が名詞化された語で、中世には「かわし(かはし)」と言い、江戸時代に「かわせ(かはせ)」と言うようになった。
漢字の「為替」は当て字だが、「かえる(替える)」と「する(為る)」で、文字通り「替えることを行う」意味である。
為替の起源は、鎌倉時代、遠隔地の年貢を取り立てる商人が代行した「かはし(為替)」や「かへせん(替銭)」にあり、銭以外に米などもその対象であった。
現在用いられるような為替手形の起源は、江戸時代、商品経済の発展に伴ない、大坂を中心に取引が行われるようになったものである。

【関連語】

商い(あきない) 商人(あきんど) ウォン
売る(うる) エコノミー FX
円(えん) 御足・御銭(おあし) 送る(おくる)
買う(かう) 替える・換える・代える 金(かね)
株式(かぶしき) 交わす(かわす) 切手(きって)
キャッシュ 銀行(ぎんこう) クローネ
経済(けいざい) 元(げん) 現ナマ(げんなま)
小切手(こぎって) 米(こめ) 商人(しょうにん)
為る(する) 税金(ぜいきん) 銭(ぜに)
セント 相場(そうば) ダウ平均(へいきん)
手形(てがた) ドル バーツ
バンク ファイナンス フラン
ペソ ポンド マネー
郵便(ゆうびん) ユーロ 利益(りえき)
リスク 利息(りそく) リラ
ルピー

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス