カツオ

【意味】 カツオとは、スズキ目サバ科カツオ属の海水魚。体は紡錘形。刺身やタタキで食用にするほか、鰹節・なまり節・煮物などにする。

【カツオの語源・由来】

「カタシ(堅し)」の「カタ」に「ウヲ(魚)」で「カタウヲ」となり、転じて「カツヲ(カツオ)」になったといわれる。
加工されていないカツオは、鎌倉時代まで低級な魚として扱われ、主に干し固めて食用としていたことや、肉がしまっていること、『万葉集』などには「堅魚(カツヲ)」といった表記があることから、「カタウヲ」の説は有力とされている。
また、釣り上げると木の棒で叩いたり、ぶつけたりして処置しておくことから、棒などで打ちたたく意味の「カツ(搗つ)」に「魚(うを)」で「カツウヲ」となり、転じて「カツヲ」になったとする説もある。
魚の名前の多くは漁師から生まれたと考えられており、搗つことはこの魚の特徴的な処理法であるため、「搗つ魚」の説も十分に考えられる。

【関連語】

海(うみ) 堅い・固い・硬い(かたい) 鰹木・堅魚木(かつおぎ)
カツオドリ・鰹鳥(かつおどり) カツオノエボシ・鰹の烏帽子 カツオノカンムリ・鰹の冠
鰹節(かつおぶし) カツオブシムシ・鰹節虫 木・樹(き)
キハダ・黄肌(きはだ) コシナガ・腰長(こしなが) 魚(さかな)
刺身(さしみ) サバ・鯖(さば) サワラ・鰆(さわら)
シビ・鮪(しび) 酒盗(しゅとう) スズキ・鱸(すずき)
スマ・須万(すま) タタキ 叩く・敲く(たたく)
タチウオ・太刀魚(たちうお) 珍子(ちんこ) 生(なま)
生り節(なまりぶし) 肉(にく) ビンナガ・鬢長(びんなが)
ぶつける 棒(ぼう) マグロ・鮪(まぐろ)
マナガツオ・真魚鰹(まながつお) メジマグロ・めじ鮪(めじまぐろ) メバチ・眼撥(めばち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス