かてて加えて

【意味】 かてて加えてとは、その上に。さらに。通常は、よくない事が重なるときに用いる。

【かてて加えての語源・由来】

「かて」は、混ぜ合わせる意味の動詞「かつ(糅つ)」の連用形。
かてて加えては、混ぜ合わせたところに更に加えるの意味から、「さらに」「その上に」を表す。

【関連語】

剰え(あまつさえ) 一層(いっそう) 弥が上にも(いやがうえにも)
愈々・弥々(いよいよ) おまけ 重ねる(かさねる)
且つ(かつ) 加える(くわえる) 更に(さらに)
段々(だんだん) 人一倍(ひといちばい) 一際(ひときわ)
一入(ひとしお) 踏んだり蹴ったり 増す・益す(ます)
混ぜる・交ぜる・雑ぜる(まぜる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス