固唾を呑む

【意味】 固唾を呑むとは、事の成り行きが気がかりで、息をこらして見守る様子。固唾を飲む。

【固唾を呑むの語源・由来】

「固唾」は、緊張して息を凝らしている時などに、口の中にたまる固まった唾のこと。
事の成り行きを案じ、じっと見つめたりしている時、この固唾を飲み込むことから、そのような様子を表すようになった。

【関連語】

伺う・窺う(うかがう) 浮き足立つ(うきあしだつ) 愁い・憂い(うれい)
覚束ない(おぼつかない) 堅い・固い・硬い(かたい) 塊・固まり(かたまり)
我慢(がまん) 口(くち) 屈託(くったく)
虎視眈眈(こしたんたん) 心配(しんぱい) 唾(つば)
唾(つばき) 手薬煉を引く(てぐすねをひく) 手を拱く(てをこまねく)
飲む・呑む(のむ) 見る(みる) 夢中(むちゅう)
胸騒ぎ(むなさわぎ) 憂鬱(ゆううつ) 涎(よだれ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス