【意味】 刀とは、武器として用いる細長い片刃の刃物。

【刀の語源・由来】

刀は、「片(かた)+刃(な)」で、「かたな」と呼ばれるようになった。
日本は刀剣類の中でも、片刃が発達して使われていたことから、両面に刃が付いている「諸刃(もろは)」の太刀ではなく、片方のみ刃が付いた「片刃(かたな)」から「刀」になったと考えられる。
また、片刃の「な」は刀を表す古語で、「薙ぐ(なぐ)」と同系の語であろう。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 戦・軍(いくさ) 押っ取り刀(おっとりがたな)
斧(おの) 鍛冶(かじ) 甲冑(かっちゅう)
兜(かぶと) 鎌(かま) カンナ・鉋(かんな)
錐(きり) 切る・斬る・伐る(きる) ギロチン
サーベル 侍(さむらい) 鞘(さや)
サンマ・秋刀魚(さんま) 竹刀(しない) 鎬(しのぎ)
手裏剣(しゅりけん) 鏨(たがね) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) 盾(たて) 殺陣(たて)
単刀直入(たんとうちょくにゅう) チャンバラ 柄(つか)
付け焼刃(つけやきば) 鍔(つば) 剣(つるぎ)
出刃包丁(でばぼうちょう) ドス ナイフ
薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた) 鈍ら刀(なまくらがたな)
ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ) 刃(は)
ハサミ・鋏(はさみ) 武士(ぶし) 包丁(ほうちょう)
矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり) 峰(みね)
メス(小刀) 銛(もり) 矢(や)
刃(やいば) やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう)
槍・鑓・鎗(やり) 弓(ゆみ) 鎧・甲(よろい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス