片棒を担ぐ

【意味】 片棒を担ぐとは、ある企てや仕事に加わって協力する。荷担する。多く、悪い行いに手を貸す場合にいう。片棒をかつぐ。

【片棒を担ぐの語源・由来】

片棒とは駕籠(かご)や畚(もっこ)の前棒か後棒のことで、それを担ぐ人もいう。
古典落語の「片棒」も、棺の樽で担ぐものは異なるが「担ぎ棒」のことである。
駕籠は二人一組で棒を担ぐことから、仕事や企てなどに協力することや、仕事の半分または一部を受けることを言うようになった。

【関連語】

相方(あいかた) 相棒(あいぼう) 一味(いちみ)
後ろ(うしろ) 籠・駕籠(かご) 荷担・加担(かたん)
担ぐ(かつぐ) 絆(きずな) 口裏を合わせる
グル 偽客(さくら) 仕事(しごと)
樽(たる) 手(て) 仲間(なかま)
パートナー 棺・柩(ひつぎ) 棒(ぼう)
前(まえ) 味方(みかた) 畚(もっこ)
八百長(やおちょう) 落語(らくご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス