かしわ

【意味】 かしわとは、鶏の肉の異名。

【かしわの語源・由来】

この語の語源には、柏手を打つ姿と鶏の羽ばたく姿が似ているからや、宮中の食膳の調理をつかさどる人を「膳・膳夫(かしわで)』といったことに関係するといった説があるが、いずれも鶏肉のことではなく、「柏手」の語源と混同された説である。
本来、この語は「鶏肉」をさした言葉ではなく、「羽毛が茶褐色の鶏」をいった言葉で、柏餅に使う柏の葉の色に似ていることから、こう呼ぶようになった。
そのため、植物と同じ「柏」と表記されていたこともあり、現在当てられている漢字も、その色から「黄色い鶏」で「黄鶏」と書く。
「鶏肉」の意味で用いられるようになったのは19世紀中頃で、当時は「鶏肉」といっても茶褐色の和鶏肉をさしていたが、次第に鶏肉の総称として用いられるようになった。
現在、主に西日本で用いられる呼称だが、茶褐色の鶏やその肉をさしていた頃までは東日本でも用いられていた。

【関連語】

色(いろ) カシワ・柏・槲(かしわ) 膳・膳夫(かしわで)
柏手・拍手(かしわで) 柏餅(かしわもち) 黄色(きいろ)
桜肉(さくらにく) ササミ・笹身(ささみ) 砂肝(すなぎも)
ターキー ダック チキン
茶色(ちゃいろ) トリ・鳥(とり) 名古屋コーチン
肉(にく) ニワトリ・鶏(にわとり) 羽・羽根・翅(はね)
羽ばたく(はばたく) ビーフ ブロイラー
ベニソン ポーク ぼたん(猪の肉)
ミート もみじ(鹿の肉) 山鯨(やまくじら)
ラム

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス