かしこ

【意味】 かしことは、女性が手紙の末尾に添えて敬意を表す語。あらかしこ。あらあらかしこ。かしく。

【かしこの語源・由来】

かしこは、形容詞「かしこい」の古語「かしこし」の語幹から生じた語で、「かしこまる」とも同源。
現代用いられる「かしこい」は「利口だ」「頭がいい」といった意味だが、「かしこし」は自然に宿ると信じられた精霊の霊威に対して「おそろしい」といった畏怖の念を表し、転じて「恐れ多い」という意味になった語。
その語幹からできた「かしこ」は、「恐れ多く存じます」「恐れ慎む」の意を表す。
中古には男女共に用いたが、近世頃から女性のみが用いるようになった。
漢字表記は、「畏」「恐」「賢」。

【関連語】

挨拶(あいさつ) あばよ 恐ろしい(おそろしい)
女(おんな) 賢い(かしこい) 畏まる(かしこまる)
謹啓(きんけい) 謹言(きんげん) グッドバイ
敬具(けいぐ) 敬白(けいはく) 御機嫌よう(ごきげんよう)
さようなら さらば 草々(そうそう)
慎む・謹む(つつしむ) 手紙(てがみ) 拝具(はいぐ)
拝啓(はいけい) バイバイ 拝復(はいふく)
不一(ふいつ) 不二(ふに)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス