菓子

【意味】 菓子とは、食事のほかに食べる嗜好品。お菓子。

【菓子の語源・由来】

漢語で「果物」を意味した語。
中国で「菓」と「果」は同字であるが、植物を強調するために「菓」の字が使われた。
日本でも近世頃までは果物の意味として使っていた。
しかし、平安時代に小麦粉を練って揚げた唐菓子や飴・餅などが中国から入り、室町時代には茶菓子として出される甘い菓子が作られるようになり、外郎や饅頭も入ってきたため、食事以外の間食全てをいうようになった。
まだ当時は、果物にもこの語が使われていたが、江戸時代には果物と区別するため、果物を「水菓子」と呼ぶようになり、菓子から果物の意味がなくなった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス