嵩にかかる

【意味】 嵩にかかるとは、優勢に乗じて攻める。威圧的な態度に出る。「笠に着る」と混同し、「笠にかかる」と書くのは間違い。嵩に懸かる。

【嵩にかかるの語源・由来】

嵩(かさ)は物の分量や大きさを表す語で、「かさばる」の「かさ」などと同じ。
かかるは、「もたれかかる」や「よりかかる」の意味から、ここでは「すがる」「頼りにする」を表す。
鎌倉時代、多さや大きさに頼る意味から、勢力の大きさに頼って敵を攻める意味で用いられるようになった。
威圧的・高圧的な態度に出ることを表すようになったのは江戸時代からで、優勢な立場であることから派生した用法である。

【関連語】

勢い(いきおい) 居丈高(いたけだか) 威張る(いばる)
横柄(おうへい) 多い(おおい) 大きい(おおきい)
驕る(おごる) 嵩(かさ) 笠に着る(かさにきる)
嵩張る(かさばる) けんもほろろ 傲岸(ごうがん)
高慢(こうまん) これ見よがし(これみよがし) 縋る(すがる)
図に乗る(ずにのる) 攻める・責める(せめる) 高飛車(たかびしゃ)
頼る(たよる) 突っ慳貪(つっけんどん) 天狗(てんぐ)
虎の威を借る狐 跋扈(ばっこ) 鼻に掛ける(はなにかける)
ふんぞり返る(ふんぞりかえる) 凭れる・靠れる(もたれる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス