カレイ

【意味】 カレイとは、カレイ目カレイ科の海水魚の総称。体は平たい楕円形で、一般に頭部が右にねじれ、両眼が体の右側にある。食用。

【カレイの語源・由来】

カレイの語源には、一方に眼がついており体の色も左右で色が異なることから、片割れのような魚の意味で「カタワレイオ(片割れ魚)」が変化したとする説があるが、古名を無視して考えられた俗説である。
古名は「カラエヒ(カラエイ)」で、これが転じて「カレイ」となった。
平安中期の『本草和名』にも、「加良衣比(カラエヒ)」とある。
「カラエヒ」の「エヒ」は魚のエイのことで、体が平たく形が似ており、カレイがエイの一種と考えられていたためである。
「カラ」は「枯れる」の意味で、体色が枯れた葉の色に似るところからと考えられる。
漢字「鰈」の右側にも、薄くて平らなといった意味がある「葉」の字が使われている。
「左ヒラメに右カレイ」と言い、腹を手前にしたときに目が右側にくるのがカレイだが、ヌマガレイは左側に目がある。

【関連語】

アサバガレイ・浅場鰈 アシノハガレイ・葦の葉鰈 アナゴ・穴子(あなご)
アブラガレイ・油鰈 アンコウ・鮟鱇(あんこう) イシガレイ・石鰈(いしがれい)
色(いろ) ウシノシタ・牛の舌 海(うみ)
エイ・海鷂魚(えい) 縁側(えんがわ) オヒョウ・大鮃(おひょう)
体(からだ) 枯れる(かれる) カワガレイ・川鰈(かわがれい)
クロウシノシタ・黒牛の舌 コケビラメ・苔平目(こけびらめ) コノハガレイ・木の葉鰈
ゴンズイ・権瑞(ごんずい) 魚(さかな) ササウシノシタ・笹牛の舌
ササノハガレイ・笹の葉鰈 サメガレイ・鮫鰈(さめがれい) シタビラメ・舌鮃・舌平目
シマウシノシタ・縞牛の舌 シマガレイ・縞鰈(しまがれい) シロシタガレイ・城下鰈
ソウハチ・宗八(そうはち) ドジョウ・泥鰌(どじょう) ナマズ・鯰(なまず)
ナメタガレイ・なめた鰈 ヌマガレイ・沼鰈(ぬまがれい) 葉(は)
ババガレイ・婆婆鰈 左(ひだり) 平たい(ひらたい)
ヒラメ・平目・鮃(ひらめ) ホシガレイ・星鰈(ほしがれい) マコガレイ・真子鰈
マツカワ・松皮(まつかわ) 右(みぎ) ムシガレイ・虫鰈(むしがれい)
目・眼(め) メイタガレイ・目板鰈 ヤナギムシガレイ・柳虫鰈

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス