からすみ

【意味】 からすみとは、ボラの卵巣を塩漬けにし、圧搾・乾燥した食品。高価でサワラやタラ等の卵巣で代用品が作られるため、ボラの卵巣を使用したものは「本からすみ」と呼ばれる。

【からすみの語源・由来】

からすみは、中国から渡来した墨「唐墨(からすみ)」に形が似ていたことからの命名。
昔は冷蔵技術がなく、常温保存されていたため、時間が経つと色が黒くなり、形だけではなく色も唐墨に似ていたといわれる。
一説には、肥前名護屋城にいた豊臣秀吉に土地の代官がこの食品を献上した際、その名を尋ねられ、とっさに「唐墨です」と答えたため「からすみ」になったともいう。
江戸時代、三河のこのわた・越前のウニとともに、長崎のからすみは「天下の三珍味」といわれた。

【関連語】

あたりめ イキナゴ イクラ
イセゴイ・伊勢鯉(いせごい) イナ・鯔(いな) ウニ・海胆・海栗・雲丹(うに)
エブナ・江鮒(えぶな) オボコ 数の子(かずのこ)
鰹節(かつおぶし) 乾かす(かわかす) キャビア
くさや クチメ・口女(くちめ) 黒(くろ)
海鼠腸(このわた) ごまめ 魚(さかな)
鮭とば(さけとば) サワラ・鰆(さわら) 塩(しお)
シシャモ・柳葉魚(ししゃも) 筋子(すじこ) スバシリ・州走・洲走(すばしり)
炭・墨(すみ) スルメ・鯣(するめ) 算盤玉(そろばんだま)
タタミイワシ・畳鰯 田作り(たつくり・たづくり) 卵・玉子(たまご)
タラ・鱈(たら) タラコ・鱈子(たらこ) トド・鯔(とど)
トリュフ ナタネボラ 生り節(なまりぶし)
ナヨシ・名吉・鯔(なよし) ハク・白(はく) ハラブト・腹太(はらぶと)
ビーフジャーキー 干鱈(ひだら) フォアグラ
ボラ・鯔・鰡(ぼら) ままかり 目刺し(めざし)
メナダ・目奈陀・赤目魚 明太子(めんたいこ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス