カラオケ

【意味】 カラオケとは、伴奏だけを録音したテープやCDなど。また、その伴奏に合わせて歌うこと。

【カラオケの語源・由来】

カラオケの語源は、「空(から)」と「オーケストラ」の略である。
元々はバンドマンの俗語で、「空オケで練習しよう」などと「歌手抜き」の意味で使われていた。
1970年、素人が歌いやすいようにアレンジした「8トラックカラオケテープ(通称8トラ)」を太洋レコードが発売。
翌71年、クレセント創業者の井上大佑が、スプリングエコー、コインタイマー内蔵のマイク端子付き8トラックプレーヤーを手作りで製作し、弾き語りの伴奏テープ10巻をセットにしてスナックなどにレンタルしたのが、現在のカラオケの原型になったとされる。

【関連語】

合いの手(あいのて) アカペラ アリア
アルバム アンサンブル 居酒屋(いざかや)
歌・唄・詩(うた) エレジー 演歌(えんか)
オーケストラ 音(おと) オペラ
オラトリオ 音楽(おんがく) 十八番(おはこ)
カルテット カンタータ カンツォーネ
クインテット 口ずさむ(くちずさむ) コーラス
コーラル(音楽) コンパ 酒(さけ)
賛美歌(さんびか) CD シャンソン
素人(しろうと) ソロ デュエット
トリオ ドレミファソラシド 流し(ながし)
喉・咽(のど) 喉仏(のどぼとけ) バルカロール
ヒム ボーカル ミュージカル
メロディー ユニゾン リート
レクイエム レコード レシタティーヴォ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス