河童の屁

【意味】 河童の屁とは、取るに足りないこと。簡単にやってのけること。屁の河童。屁のカッパ。カッパの屁。

【河童の屁の語源・由来】

「木っ端の火」が転訛したとする説と、水中でするため勢いがないことから取るに足りないことの意味になったとする説がある。
「木っ端の火」は語源が定まっているため、「木っ端の火」の転化説が妥当である。
また、「屁の河童」と反転させる言い方は、江戸時代後期頃に言葉を反転させるのが流行したことによる。

【関連語】

朝飯前(あさめしまえ) 呆気ない(あっけない) あっけらかん
一朝一夕(いっちょういっせき) インスタント おちゃのこさいさい
おなら カッパ・河童(かっぱ) 簡単(かんたん)
木っ端の火(こっぱのひ) 容易い(たやすい) バカチョンカメラ
八面六臂(はちめんろっぴ) 火(ひ) 屁(へ)
へっちゃら 無頓着(むとんちゃく) 優しい・易しい(やさしい)
安い・易い(やすい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス