香り

【意味】 香りとは、におい。特に、よいにおい。香気。

【香りの語源・由来】

香りは動詞「かおる」の名詞形。
「カヲル(香居)」、「カハフル(香放)」、「カハル(香張)」の意味など、「カ」を「カ(香)」と関連付ける説が多い。
「かぐ(嗅ぐ)」が「カ(香)」の活用とすると妥当であるが、断定は難しい。
「カ(香)」の音に関連付けない説では、「ケヲル(気折)」の転がある。

【関連語】

味(あじ) インセンス アロマテラピー
オーデコロン オードトワレ オードパルファム
御香香(おこうこう) お新香(おしんこ) 香り松茸味湿地
嗅ぐ(かぐ) 芳しい・香しい・馨しい 臭い(くさい)
香典(こうでん) 香の物(こうのもの) 香ばしい(こうばしい)
シャワーコロン スパイス 匂い・臭い(におい)
ハーブ 鼻(はな) パヒューム
フレーバー フレグランス ポプリ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス