肝胆相照らす

【意味】 肝胆相照らすとは、互いに心の底まで打ち明けて理解し合い、親しく付き合うこと。

【肝胆相照らすの語源・由来】

出典は中国の『故事成語考』。
「肝胆」は肝臓と胆嚢のことで、中国では肝臓と胆嚢が心の働きをするところと考えられており、「心の奥底」「真実の心」を意味するようになった。
互いに心の奥底を照らし合うことから、互いに理解し合い親しく交際することを表す。

【関連語】

阿吽(あうん) 打って付け(うってつけ) 馬が合う(うまがあう)
管鮑の交わり 気が置けない(きがおけない) 絆(きずな)
心(こころ) 親しい(したしい) 水魚の交わり
反りが合わない 知音(ちいん) 知己(ちき)
竹馬の友(ちくばのとも) つうと言えばかあ 友・朋(とも)
なあなあ 腹心(ふくしん) 刎頚の交わり
誼み(よしみ)

【関連リンク】

「肝胆相照らす」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス