完璧

【意味】 完璧とは、欠点や不足が全くなく、非常に立派なさま(こと)。完全無欠。

【完璧の語源・由来】

「璧(へき)」は平らで中央に孔のあいた宝玉のことで、完璧は「傷のない玉」が本来の意味となる。
現在使われる意味となったのは、中国の故事に由来する。
中国の戦国時代、趙の国にあった「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる立派な璧を、秦の国王 昭王(しょうおう)が欲しくなって、「秦の15の城と交換したい」と申し出た。
『藺相如(りんしょうじょ)』が秦の国へ使いに行ったが、城と交換する気配がなかったため、藺相如は璧を命懸けで持ち帰った「完璧而帰(璧をまっとうして帰る)」という故事から、大事なことを成し遂げることや、欠点が全くないさまを表すようになった。
完璧を書く際、「壁(かべ)」の字を用いて「完壁」と書かれることが多い。
「ぺき」が「玉」を意味したと覚えておけば「、」を忘れず、完璧な「完璧」の字が書ける。

【関連語】

圧巻(あっかん) 天晴れ(あっぱれ) 穴・孔(あな)
粗を探す(あらをさがす) 美しい(うつくしい) うまい
エクセレント 壁(かべ) 画竜点睛を欠く
傷(きず) 几帳面(きちょうめん) グッド
グレイト 結構(けっこう) 弘法にも筆の誤り
三拍子揃う(さんびょうしそろう) 上等(じょうとう) 頗る(すこぶる)
杜撰(ずさん) 素敵(すてき) 素晴らしい(すばらしい)
絶妙(ぜつみょう) 双璧(そうへき) 玉・球・弾・珠(たま)
玉に瑕(たまにきず) 丁寧(ていねい) ナイス
パーフェクト ファンタスティック 全く(まったく)
見事(みごと) 綿密(めんみつ) 立派(りっぱ)
ワンダフル

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

完璧(かんぺき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
完璧の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス